検索
  • yoga space ao

アーユルヴェーダ体験記⑩

更新日:2018年12月5日

朝6時、セラピストが迎えにくる。abhyanga(オイルマッサージ)、スチームバス、そしてvamana。


薄いミルク、甘いお茶、苦いお薬を順番に飲み続け、そして嘔吐。液体のみが口から出ていき、自然に吐きたくなってくる。計10ラウンド!


険しい山を、全力疾走で登り切り、全力疾走で下山したような感覚。壮絶。マーライオンになったような錯覚。

セラピストが両脇についていてくれていた。

彼女たちはすごい。肝が据わっていて、愛情がある。仕事をしている。


pvaのある町は、小さなコミューンみたい。緑がたくさんあって、レンガで家が区切られている。





16回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示